予備校とは?|医学部の対策には専門の予備校へ行くのが一番です!

予備校とは?

ボードと聴診器

大手の予備校の年間の費用は70万円から90万円の間です。そのほか夏期講習や冬期講習、直前講習などを加算すると100万円程度になります。成績優秀者には授業料免除などの制度があります。学校法人の予備校では、通学定期などを利用することができます。大手ばかりではなく個別に教育方針に能力別や生徒管理に特徴を打ちだしている小規模の予備校もありますが、こちらは大手より安く60万円から70万円の間です。設備面や学割などのサービスでは大手には見劣りしますが、個性のある教育方針や教員との距離の近さが生徒の学力や性格にあう場合は参考にされるとよいでしょう。また分野別では、医学部専門や美大・芸大への予備校もあり、こちらはより高額となり、各学校やコース選択により値段に差があります。

予備校の特徴として、生徒の目的や能力に応じてのクラス分けがされていることです。また、参考書を出版している有名講師など会えるかもしれません。大学教員が講義をしている場合もあり、その場合は大学でのより進んだ学問的な内容の話に感銘をうけるかもしれません。大手予備校では、講師のレベルや、設備面でも完備されています。より小規模では独自の教育方針を掲げていて特徴ある予備校も多いです。地方では、大手の予備校もなく、地域に人気のあるところもあります。また、その場合大手からのサテライト授業を行っているところや、またスマートフォンのアプリで授業を公開している予備校もあり、時代の進化を取り入れ活用しているところもあります。