予備校選びで困っているなら|医学部の対策には専門の予備校へ行くのが一番です!

予備校選びで困っているなら

聴診器

予備校を選ぶ際に重要なもの一つに「雰囲気」というものがあります。講師と生徒がフランクに付き合うところもあれば、しっかりとした上下関係の下に指導しているところもあります。しかし、雰囲気というものはなかなか外部からは分かりにくいものです。ですので、予備校を選ぶ際には、進学実績や授業内容、サポート体制などの情報をパンフレットやインターネットなどで調べるのはもちろんですが、それだけで満足せずに、体験授業を受けてみることや、イベントに参加してみることが賢い選択の一つです。体験授業を受けてみて、自分に合うと思えば、入学に向けての準備を始めましょう。診断テストなどを行っている予備校も多いので、しっかりと学習をしておくべきでしょう。

予備校にも特待生制度を設けているところがあります。診断テストなどで好成績をとった生徒に、授業料免除などの特典を用意しているところが多いようです。また特待生制度を設けているところの中には、特待生の中にランクを設け、授業料全額免除、一部免除などの特典がそれぞれつくようになっている制度を設けているところもあります。この場合、授業料全額免除についてはなかなか手が届かないこともあると思いますが、一部免除であれば挑戦しがいがあります。難関大学を目指している人であれば、予備校の授業を受けるだけではなく、自習も大事になってきます。予備校の多くには自習スペースが設けられていることが多いですが、その大きさや設備は様々です。自宅から離れた予備校に通う場合には、席が多く設けられ、設備が充実した自習スペースを設けているところを選ぶことで、快適な予備校ライフを送ることができます。